読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Flexyの構文解析はyaccとかで作ってる?

Flexyをとりあえず動かしてみる - maru.cc@はてな」の続き。
少しずつ時間の合間に、Flexyのソースを追ってます。


その中で、HTML/Template/Flexy/Tokenizer.php の中を見ていて気づいたのだが、最近どっかで見たコードに似ている。
ベイエリア情報局: Haskell Hackathonに参加してきた
btoさんが、Haskell Hackathonで書いたソースの
http://bz2.jp/misc/php_haskell/
http://bz2.jp/misc/php_haskell/parser.php
これに似ている。


よくわかってないが、宣言部分の配列宣言の数値羅列とか。
変数名のプレフィックスに「yy」と付いているあたりとか。
kmyacc? yacc? なんか自動生成しているのかな?


というわけで、ぐぐってみたら、それらしいことをされている方がいました。
HTML_Template_Flexy - 機能の拡張 - ループ構造の追加


Tokenizer.lexとやらを、どーのこーのするらしいので、環境作ってやってみよう。


続き>「Flexyどうこうの前にまずは準備 - maru.cc@はてな