読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EthnaをコミットするときのSVNコマンドのメモ

普段は、Eclipseを使ってGUISVNの操作をしているのだが、いまやっている個人の作業で、全てputty上で操作をしてみている。

tmp log のsvn:ignore設定

直下のディレクトリで以下を実行

svn propset 'svn:ignore' 'tmp
lib' ./
svn update

これで、svn:ignoreの設定は出来たが、差分が出た状態になるので、svn updateをしておく。

lib ディレクトリのコミット

ethna pear-local コマンドを使用すると、libディレクトリ内にPEARの各ファイルをインストールできるが、インストール時に出来るファイルがある。それをコミットしたくない場合の操作。

svn add -N lib
cd lib
svn add *
svn ci -m ""

svn add -N で、libディレクトリのみ追加する。その後、libディレクトリに移動してから add * をすると、.*系のファイルが追加されない。
この状態の差分

$ svn status
?      .registry
?      .filemap
?      .depdb
?      .pear
?      .depdblock
?      .lock
?      .channels

.*系のファイルを svn:ignoreにする

svn propset 'svn:ignore' '.*' ./
svn update
その他ファイルのコミット

ここまで出来ればあとは、全てコミット対象なので、プロジェクトルートに戻って全てコミットしてあげればOKだと思う。